映画メカニックの感想(ネタバレ有)|ジェイソンステイサムだからこそなせる完璧な男

3 min 29 views

ハゲといえばジェイソンステイサム!

かっこいいハゲとは誰ですか?と問われれば、人によっては様々ですが、アクション映画好きの自分としては、間違いなくジェイソンステイサムです。と言ってしまいます。

シリーズものにも出たり、単体の作品でも出たりしているジェイソンステイサムですが、中でもトランスポーターが一番好きでした。(いや、メカニックじゃないんかい)

メカニックも、、、もちろん好きです。

てな訳で、前置きは置いて、メカニック見たから感想書くね。書くこと少ないけど…

メカニックの基本情報、あらすじ、キャスト

引用:Hakuhodo DY Music & Pictures Inc.

メカニック』(原題: The Mechanic)は2011年に公開された、アクション映画です。1972年に公開された映画のリメイクでもあります。ちなみに、続編にワールドミッションという作品があります。

あらすじ

凄腕の殺し屋であるビショップ(ジェイソンステイサム)はある日友人であり、恩師でもあるハリーが裏切っているために殺せと言われて、殺してしまう。その後、実はハリーは裏切ってはいないと知り、息子であるスティーブと共に騙した張本人を狙っていく。息子であるスティーブはアーサービショップが父親を殺すと知ってしまうが…

登場人物、キャスト

役名俳優日本語吹替
アーサー・ビショップジェイソン・ステイサム山路和弘
スティーヴ・マッケンナベン・フォスター板倉光隆
ディーン・サンダーソントニー・ゴールドウィン上別府仁資
ハリー・マッケンナドナルド・サザーランド糸博
サラミニ・アンデン行成とあ
ヘンリーランス・ニコルズ山内健嗣
フィンチマーク・ナッター遠藤大智
レイモンドジョシュア・ブリッジウォーター江藤博樹
キャリバンJ.D.エヴァーモアー中西としはる
バークジェフ・チェイス北村謙次
ヴォーンジョン・マッコーネルかぬか光明
ラルフスチュアート・グリアー真矢野靖人
ケリークリスタ・キャンベル冨樫かずみ
セバスチャンデヴィッド・リーチ佐野康之
フィンチの妻ララ・グライス岡田恵
引用:wikipedia

1972年メカニックのリメイク

1972年の「メカニック」のリメイクであることを知る人は多くはありません。なにせ自分も調べるまでは知りませんでした。1972年のメカニックのあらすじを見ると、今回のメカニック2011年バージョンと大きくは変わりません。

あらすじだけを読んでいる分には、アーサービショップがハリーの息子であるスティーブの面倒をみる理由が、ハリーの息子であることに加えて、自分の父も殺し屋であり、殺し屋に殺されてしまったことが原因で、同じく父がいないハリーに同情をしているように書かれています。

そして、暗殺指令をこなした後に二人で乾杯をして、ワイングラスに毒を塗って、アーサーの意識は遠のいて言ったと書かれているので、「え?1972バージョンはアーサー死んだの?」と思いました。笑

主演はチャールズブロンソンというイケオジで、またジェイソンステイサムとは雰囲気が少し違います。

ジェイソンステイサムが演じる完璧な男

ジェイソンステイサムが演じる「アーサー・ビショップ」はまさに完璧な男です。

殺し屋やスパイを演じる俳優は多く、またそのキャラも多いですが、007に出るジェイムズボーンはもっと人間味あるマザコンだし、ミッションインポッシブルに出るイーサンは結構ミスしがちです。アーサービショップはほぼ寸分狂いなく計画をし実行をします。

この完璧な男を演じて似合う俳優はそう多くはないでしょう。その一人がジェイソンステイサム。まさにキングオブハゲ。いや違う、キングオブ完璧メーン?

ただの殺人ではなく、他の死因にすることもできるプロですからね。

[映画]メカニックの感想

完璧な男を見ていると安心です。暗殺指令を出されて、ミッションをこなす前に、トラブルにあって、でもなんだかんだトラブルを回避して、クリアしちゃう!みたいなのではなく、サクッとこなすのがメカニックです。じゃないと、メカニック、なんて呼ばれ方しませんからね。ダサすぎて。

ハリーおじいちゃんが死ぬシーンが良かったですね。

プロの殺し屋として、自分も敬意を払える相手であるアーサーに殺されたかったんだろうな、と。無駄のある殺し屋であれば自分も死へあらがいたくなるが、アーサーであれば、そんな争いはせずに死を受け止めてやろうという気概を感じます。

ハリーの息子でスティーブは殺し屋としての才能がめちゃくちゃあったんじゃないかな?と思います。アーサーに教えてもらって、すぐに殺し屋としての能力を開花させてますし、まあまだまだ「メカニック」と呼ばれるほどの正確さはないので、アーサーがいなければどこで殺されてるかわからないような奴ですが。

結末、ラストシーンもクールでしたね。アーサーからの手紙には中指が立てられてました。ファック!と大声で言うようなキャラではないですが、じっと見つめて、薄ら笑いを浮かべながらあばよ、と言われているようなシーンにしびれましたね。

うん、やっぱりジェイソンステイサムは最高にクールなハゲだわ。

まとめ

映画メカニックの感想でした。昔のメカニックも観れるのであれば観てみたいですね。かなり違いはあるかと思いますが、大枠の脚本は同じでしょうし、時代によってどこが変わっていったのか興味があります。

メカニック2となるワールドミッションはよりメカニック1よりもサクサク進むと聞いているので楽しみです。笑

関連記事