おすすめ動画サービス!

ジョン・ウィックチャプター2の小ネタ、ラスト、伏線、ネタバレまとめ

ジョンウィック2

ジョンウィック3に向けて、2を改めて見ました。

純粋に昔からキアヌリーブスが好きだったので、やっぱり面白かった!

今回もやらかしていたキアヌでした。

そして、男の憧れっていうか、ガンガンやっちゃう感じね、爽快感が素晴らしい。

三国無双やっている感覚?笑

3も上映するということで、チャプター2を理解するために重要だと思った点、映画の中でああここ面白い!というポイント、小ネタ、オマージュ、トリビア的なものをまとめました。

がっつりネタバレなので、見終わった方のみみてくださいまし。

小ネタ、ネタバレまとめ

一気にいきます。30個ほどががっと。

バイクの男を待ち伏せて殺す

バイクの男を待ち伏せて殺しました。

これは、自分の犬と車をとった、ヴィゴ・タラソフの弟でヨセフ・タラソフのおじに当たるアブラム・タラソフを殺しにいくために、鍵が必要なので、殺害をします。

追っかけられていたのですが、待ち伏せをした相手を車体に直撃させて殺しました。

バーで三人を鉛筆で殺した

バーで三人を鉛筆で殺したと、アブラムが言っていますが、彼の逸話は全て語り部が、これでも抑えめに全て言っているらしい。

時速およそ50キロで引かれても平気

ジョンウィッグは強靭な精神と言われていますが、本当にそうだと思ったのが、開始直後。

時速50キロほどではねられていますが、平然と相手を倒す、倒す。笑

大切な奥さんとの思い出が車にあった

あそこまで車のために怒るか?と思った人もいるでしょうが、

これは車の中のアタッシュケースに大事な奥さんとの写真があったからですね。

新しい犬飼ってる

新しい犬を飼っています。

この後、何度か名前を聞かれますが、「名前はない」らしく、

いくぞ、や、待っていろ、とか、だけ呼んでいます。

3ではオーレリオ(修理屋)敵に回るか?

オーレリオは修理屋で、車が壊れたのですが、2030年までのクリスマスに直すとジョークを言って、受け取ります。

ジョンウィックとは仲よさげに話しますが、どうなんでしょうね。

チャプター2の最後には、オーレリオも受け取っているために、3では敵に回る可能性もある。

犬と車の復讐を果たして元に戻す

3では、コンチネンタルのサービスが一切使えなくなってしまうために、武器がありません。

あるのは、自分の家に埋めた武器だけです。

犬と車の復習を果たして、コンクリートで埋めましたが、3では掘り返すのかな?

今回の敵サンティーノ

チャプター2の敵はサンティーノです。

初めは、そんなんい悪い奴には見えなかったのですが、

依頼を断って、家をぶち壊すほどのイカれ野郎だから、悪い奴でした。笑

殺し屋の誓い

裏の組織の誓いらしく、殺し屋同士で結ぶ血の契約みたいです。

円を半分に切った金属器に先についた針を指に刺して、朱印を押します。

この誓いは、片方が言うことを聞いてあげるけども、残りの片方の依頼も必ず効かないといけないという誓いです。

このために、ジョンウィックは、サンティーノの姉を殺すしかなくなってしまいました。

大事な家を壊される、が今回のきっかけ

1では車と犬が消えました。

2では家が消えます。

これが2の怒りのポイント。

3では生活が消えます。怒りというか、なんというか。笑

怒る元気があるだけ、すごい。

ジミーも敵に回りそうだが

警察官のジミーですが、彼はいつも家が通報されても、

察したような雰囲気を出してくれます。

彼も殺し屋であれば、敵に回ってしまいますね。

ジョナサンは暴君

サンティーノはどこだ、と取り引き中に入っています。

多分ウィンストンって偉い人だから、ジョナサンってそういう規律を守らない人なんでしょうね。笑

じゃないと生き残れないか!

殺し屋の世界のルール二つ

二つルールがあると、

コンチネンタルで血を流すな
誓印を守る

何をしても狙われる身になってしまいますよね〜。

どっちも破ったジョン、片方は自由のために守りましたが、

結局片方を破ってしまったわけですね。

足を踏み込んだら最後抜け出せないってことです。

姉を殺してほしい理由は?

12席ある主席の位置を我が物にしたいようです。

殺し屋のTOPの席かな?

父の遺言で姉が座っていますが、サンティーノはその席がほしいと。

ジョンウィックの暗証番号「5903.5」

はじめは「ごくろーさん」かと思ったのですが、6じゃなかったので惜しい!

でも、きっと意味があるはずなんですがね〜。

コンチネンタルローマの支配人に言われたこと

ローマ法王を殺しにきたか確認されます。

さすがに、ローマ法皇を殺すとなれば、コンチネンタルも黙っていないのでしょうね。笑

武器調達をする

武器調達がかっこいいんですね〜。

  • ソムリエ
  • スーツ屋
  • 地図屋

で揃えます。

スーツは銃弾を通さない裏地付き。

背中の刺青

「運命は勇者に味方する」

と日本語訳があるけど、

FORTIS FORTUNA ADIUVAT

が英語、これは海兵隊の言葉のようです。

ジョンのももともと海兵隊だったのでしょうか。

アコーニの出番少ない

子供を傷つけるところを見せると言われて立ち去るアコーニ。

でも出たってことは3に出てくれることを祈る。

ジアナは自ら死ぬ

自分の生き方で生きてきたために、

相手に一方的に殺されたくはないと、

服を脱ぎ、手首から肘までかけて、切り込みを入れて死にました。

傷口は水の中なので、ふさがらず、そのまま出血多量で、ジョンにとどめを刺されます。

初めからはめられていた

初めからジアナを殺したジョンは殺される予定だったんですね。

ですが、それらを計算して、通路に武器を配置しているジョン。

見事にちょうどいい時に武器がある。

さすが。

何人相手にしたか数えるのも疲れる

いや、塔内だけでなくて、映画全体として、何人殺したのかわからないほどに、殺します。

数えようと思ったのですが、骨が折れるのでやめました。

カシアンとの闘い

映画が半分に行かない頃にカシアンとばちばちやっていたので、

え?この映画終わり?って雰囲気が感じ取れるほどにばちばち。笑

二人はガラスを突き破り、コンチネンタルに入ったので決着はつきませんでした。

姉を殺した奴に復讐するのは当たり前

殺し屋専門コールセンター

コールセンターで働いている女性がことごとく、みんな刺青入れてるんですね。

おばちゃんでさえも入れているし。

700万の賞金首

ニューヨークの殺し屋に配られました。

賞金は700万ドル。およそ7億以上です。

殺し屋に狙われまくる

一気に襲いかかられます。

傷口を見た感じだと時系列は

  • 相撲
  • 音楽家
  • えんぴつで二人刺殺された社会人
  • カシアン
  • ホームにいた二人
  • 清掃マン

です。

もっといたかも。笑

カシアンは唯一粘りましたが、最後は胸にひとさしされ死亡。

バワリー・キング?モーフィアス?

ローレンス・フィッシュバーンが演じるキングが、モーフィアスにしか見えなくて。笑

マトリックス小さい頃にメチャクチャ好きだったので、すごく覚えているんで、

この二人が同じスクリーンに映るとそれにしか見えない。

キングは結局味方をしますが、3では敵に回る可能性が高いです。

マトリックスのオマージュ

マトリックスでは、アンダーソン(ネオ)が仮想世界から現実世界に訪れる時に薬を飲みました。

選択肢を与えられていたのは、キアヌリーブスの方でしたが、今回はローレンスでした。

その他、映画中に「青と赤」の描写が多く、非対称なものが描かれていることも気になりました。

神と悪魔という表現も出てきましたし、ところどころ、銅像がバックに写るのも、ギリシャ神話に関係していると思われます。

ラスト終わり方

美術館にサンティーノがいることをキングから聞くジョンは、

決着をつけにいきます。

たまは7発しかもらえませんでしたが、相手のを奪い、

サンティーノ部下を全滅に追い込む。

サンティーノはガラスの館に逃げ込みます。

ちなみに舞台はローマ国立近代美術館。

増援を呼びますが、結局全滅、サンティーノは殺されないために、

ニューヨークのコンチネンタルへ逃げ込みます。

あとを追っかけるジョンですが、コンチネンタルでは殺しはご法度です。

もし規律を破ってしまうと、ジョンウィック1で出てきた女のように、

殺されてしまいます。

ですが、御構い無しに、サンティーノが話している途中に殺害。

こうして、ジョンは追放処分となってしまいます。

家に帰り、妻の遺品を手にするジョン。

そこへコンチネンタルのコンシェルジュであるシャロンが来ます。

車で、ウィンストンの元へ送ります。

ジョンは殺されることと思っていましたが、殺されはしませんでした。

理由は、ウインストンが止めているからです。

ウィンストンが指示を出すと、周りが時間が止まったかのように動きを止めてジョンへ向きます。

待ち合わせた公園にいる人間、公園の周辺の人間はすべて殺し屋だったわけですね。

これは主席であるカモッラが、全世界の殺し屋に暗殺契約を流したからだそうです。

それを止めるウィンストンの力が知れますね。

1時間だけ待つということで、1時間後には、追放処分とされてしまいます。

こうして3では、全世界を敵に回すことになってしまいました。

3の公開は、2019年5月17日に全米公開することが決まったようで、続きが楽しみです。

監督はアクションが好きなんだろうなあ

今回も前作以上に敵を倒しまくりました。

ここまでやられたら、少しは現実感がなさすぎて、飽きるとか、

一方的だから、見る気が失せるとかってあってもいいのですが、

そういった気持ちに一切ならなかったですね。

男性、特にヒーローものが好きな、少年心を持っている人は、

興奮間違いなしっすわ。

3も楽しみであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です