おすすめ動画サービス!

[今夜、ロマンス劇場で]あらすじ、ストーリー。主演は女優綾瀬はるか!

今夜ロマンス劇場で

映画監督を夢見る青年の前に突然現れたスクリーンの向こう側のモノクロ映画の王女様美雪。

色彩のある世界に憧れてこちら側の世界にやってきた美雪の驚き・喜び、そしてある悲しい秘密とは?

主演カップルは綾瀬はるかと坂口健太郎。映画黄金期へのオマージュも込めたチャーミングなラブストーリーです。

ストーリー

現代。長期入院中の老人が昔映画に関わっていることを知ったさぼり癖のある看護師吉川にせがまれて、ある物語を語りだします。

1960年。中堅映画会社京映の万年青年助監督牧野健司。監督になる夢を見続けながら助監督として同期の山中とあれやこれやと押し付けられる日々。

そんな彼の気分転換は行きつけの映画館ロマンス座で発掘したモノクロオペレッタ映画『お転婆姫と三獣士』を見ること。

老館長の本田には鑑賞料として小銭をせびられているもののそれでもフィルムが回り始まると全てを忘れられます。

健司ははるか昔の映画のヒロイン美雪に憧れとも好意ともつかない感情を抱くほどです。ところが、映画蒐集家が映画を買い取るという話になって健司は大慌て、しかしどうしようもない健司は最後の上映を見ることだけしかできません。

そんな夜、突然の嵐が起きてロマンス劇場に落雷が。停電で真っ暗になったロマンス劇場のなかで何かの気配を感じる健司。停電から復旧した劇場にはなんとスクリーンの向こう側の存在でしかなかった美雪の姿が。

思わず近づこうとする健司に対して美雪は「無礼者!!」の一言でほうきで殴り返していきます。そして美雪が言い放った言葉が「お前は今日から私のしも僕だ!」という厳しい一言。

戸惑う健司しかも一番驚くべきことは、モノクロ映画から飛び出してきたために美雪には色彩がないままだということ。

美雪の思わぬ粗暴さに驚きつつも健司は何とか自宅へ連れ帰ります。健司のアパートは質素なものではあるもののそこにあるものに美雪は興味津々。

そう、美雪はスクリーンの向こう側からこちら側を見てこちら側の世界のもの、さらに言えば世界を彩る色彩に憧れていたのでした。

映画黄金期へのオマージュ攻勢

なんといっても見どころは映画黄金期の日々。カラフルな映画館ロマンス劇場は20年前まで営業していた足利東映プラザ。といこともあって劇場の雰囲気たっぷりです。

さらに、映写室から映画を見る健司の姿は『ニュー・シネマ・パラダイス』。映画と現実がクロスオーバーすると言えば『カイロと紫の薔薇』『ラスト・アクション・ヒーロー』『ロジャー・ラビット』からスピルバーグの最新作『レディ・プレイヤー1』まで多数。

オペレッタ『お転婆姫と三獣士』ははるか昔の『狸御殿』シリーズや『オズの魔法使い』などを彷彿とさせます。北村一輝演じる駿藤の呼び名“ハンサムガイ”といえば石原裕次郎のタフガイ、小林旭のマイトガイなどなどを想像させます。

ガラス越しのキスシーンといえば『また逢う日まで』を思い出す人も多いはず。そもそも健司の苗字牧野といえば日本映画を始めた一族牧野一族を想像させます。

舞台となる1960年代の日本映画はすでに黄金期を過ぎて徐々に斜陽化する日々、そんなどこか儚さを感じさせる映画業界の描写も切なくも愛を感じさせます。

まとめ

今夜、ロマンス劇場で、は2018年2月10日公開です!ぜひ足を運んで見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です