おすすめ動画サービス!

[不能犯]あらすじ、ストーリー、人気コミックスを映画化!松坂桃李が吠える

不能犯

 

宮月新と神崎裕也原作の人気コミックを「貞子VS伽椰子」の白石晃士監督が映画化。

近年役どころの幅を広げている松坂桃李が人の心操り証明不能犯罪を起こし続ける“不能犯”の男宇相吹正を演じる。

そんな不能犯を追う刑事婚媚に沢尻エリカと新田真剣佑、その上司に矢田亜希子。また不能犯宇相吹の犯罪に絡んでくる人々に忍成修吾、小林稔侍、真野恵里菜、蘆名星、安田顕など豪華キャストが終結した。

また並行してドラマ版のネット配信も行われるのも注目。

あらすじ、ストーリー

とある都市伝説めいた噂話が広がっている。本当に殺したいという人間がいたときある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと謎の男が現れ、代わりに相手を殺してくれるというもの。

しかも証明不可能の不能犯罪であって、だれにも疑いがかからない。しかし、その理由が純粋でなければ、依頼者にも恐ろしい事態が降りかかる。

ある日、日中の喫茶店で金融会社の社長木島が突然謎の死を遂げる事件が起きる。刑事の多田友子(沢尻エリカ)、新人の百々瀬(新田真剣佑)が捜査に当たるが防犯カメラにあったのは何もないのに苦しみだす被害者の姿だけだった。

しかし、事件の直前、木島の前に黒ずくめの男宇相吹正(松坂桃李)の姿があった。

宇相吹の存在が事件の真相に深く関わっていることを確信した多田刑事は宇相吹に迫る。一方、宇相吹のほうも自分のコントロールが及ばない多田に興味を示す。

今、改めて気になる男松坂桃李。

今更ながらにここへ来て松坂桃李が面白い。「ユリゴコロ」や「キセキ」ではパブリックイメージのイケメン俳優枠をこなしている一方で陰謀を張り巡らす「図書館戦争last mission」。

「彼女がその名を知らない鳥たち」ではどうしようもないクズ男を演じてた。

以前には「劇場版MOZU」では狂気の殺人マシーンも演じていた。これからも女性に買われる男を演じる「娼年」ヤクザと交じり合いながらも摘発を進める刑事を演じる「狐狼の血」も待機中。

本作での不能犯も徹底的に醒め切った目で人間を見続けるダークヒーローを演じている。

ここへきてイケメン枠俳優モードから若手個性派ポジションに立ち位置を一気に変えつつある。思えば宮藤官九郎脚本の「ゆとりですがなにか」に出演したのもこのころだ。

こう言った奇抜な役処を演じると一歩間違えると薄く中身がないように見えてしまい俳優としては致命傷になりかねない。

そんな中で松坂桃李はどれも及第点以上の出来栄えで見事に自分のものにして、自身の役処のふり幅を大きく広げている。

2009年に「侍戦隊シンケンジャー」で本格デビューして実はまだ俳優業として10年も経っていないのが不思議なくらいの存在感のある俳優となっているが、その10年目を前にして大きくハンドルを左右に切ってきた松坂桃李に目が離せない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です